格安激安のβグルカン

格安・激安が持て囃されて久しい。

もちろん買い物は安く済んだ方がよい。購入する物品の価値や性能、品質が同じだという前提であればだが。

大切なのは格安・激安ではなく、適正価格だろう。品質が良くても、その商品の再生産と販売継続に必要不可欠な適正利潤を原価へ付加しただけの商品であれば、そうそう高額になる商品は少ない。ましてや健康食品の類であれば、高額な商品は不適切に利益が計上されており、商品の実力以上に効果や効能が広告されていることだろう。

反対に、激安、格安のサプリメントの多くは、ブームに便乗した「安かろう、悪かろう」の商品であることが多い。アガリクスブームに続く、メシマコブ、霊芝、チャーガのブーム。さらに最近では、ハナビラタケ増強食のブームが盛大に演出されている。ブームに便乗して、粗悪品が出回ることは全ての消費社会で不可避な現象なので、賢い消費者として回避する知恵が必要だ。

まずは、商品価値に対して本当に「格安・激安」である商品が、自ら「格安だ」や「激安だ」と騒ぐケースは少ない。本当に格安や激安であることは稀であり、値段相応の商品価値だと気付くべきだろう。 まともな商品はまともに仕入れて、適正な利潤を付加して販売されている。極めて当り前の経済原理だ。

異様に安い商品は品質が低いのが当り前だし、 激安を謳う商品には品質と信頼度のチェックが不可欠だ。

健康食品、特にがん治療に用いられる健康食品は、消費者としてもかなり勉強が必要だ。最低限の知識を身に付けることで、病気と戦う=まさに命に関わる決断が必要なので真剣に取組むことで、信頼出来るよい商品を購入できるだろう。

Archives

Categories :