健康食品論文の発表される学会

「学会に発表された」と聞くと、非常に権威ある組織機関が認めたように聞こえるが、実際のところは千差万別だ。

本当に権威ある学会で発表することは本当に価値のある新発見や貴重な研究成果であるが、非常に小さな弱者連合的な色彩の学会も多いのが実態なのだ。

「学会」は複数の研究者が集まれば、簡単に立ち上げることができる。民間の任意団体の一種なので、参加資格は自由に設定が可能。つまり、学位や経歴が必要無い場合さえ多いのだ。そのような看板だけの学会への発表や報告には、研究の内容よりも報道用の宣伝媒体としての存在意義の方が大きく、特定企業の御用学会も多く存在するのだ。

研究論文の発表されている事実だけが重要なのではなく、歴史と権威のある学会への発表なのか、商用目的の浅ましい"学会"への発表か によって、その研究論文、しいては製品の信頼性も疑わしいものとできるだろう。

現役研究者が活躍する格式高い大学会へ発表される論文は評価に値することも多いが、特定の企業のお抱えの小さな御用学会へ投稿される研究論文は、残念ながら内容に乏しいことが多い。企業の資金で、小規模のご都合主義的な"実験"の示す効果は、最初から成果が約束された広告論文の色彩が強い。そのような論文は、その背景からして疑った方がよいだろう。

日本で行われることの多い、健康食品の素材メーカーからの依頼で実施されることの多い大学や研究所での実証実験は、研究費のための研究である。つまりは、大学の先生の資金集めのためのアルバイト的な実験協力なのだ。そのため、医学部、薬学部の現役教授が前面に出ることはほぼ皆無で、登場する先生は、農学部や食品関連の研究者に限定されている。

Archives

Categories :