βグルカンを比較しない理由

現役の有名大学医学部や薬学部の教授が健康食品の研究をすることはほぼ無い。健康食品に関する研究のほとんどの研究や報告は、大学を退職後に名誉教授へ引退した先生方の名義貸しに近いのが実態なのだ。

これらの研究では、企業が費用を全負担し、自社の寄付金で飼い慣らした"先生"が結果が確定したようんあ実験をお願いする。低品質の商品を客に信用させるために、「効果があった」という結論ありきの研究論文報告が作成される。これが、不可解な「健康食品のエビデンス」の実態だ。これのレベルの論文は、本格的な学会には発表できるレベルではないので、先生も自己保身のために医療雑誌への掲載でお茶を濁す。それでも「効果が証明された発表」と広告宣伝されるのだ。

残念な現象は、特定のキノコや食材に抗がん作用や効果が"有る"と報告されるものの、他の食材や製品との比較がされることは無いことだ。 従来品に比べて何が良いとか、何が多いといった、数値比較ではなく、ただキノコが体に良いといった論調が定形的なのだ。

本当はもっと良いものがある。 実際には、さらに効率的に安く使えるものがあるという真実は語られること無く、「不都合な真実」とされてしまう。

簡単な話、全てのキノコ健康食品は、いかに優れていようとも、いかに高級品・高額品になろうとも、世界で重用されている「パン酵母βグルカン」と比較してしまうと、旧態依然とした非効率な健康食品だとバレてしまう。

「怪しい先生」の推薦する非効率な前世代の健康食品ほど高い買い物は無いのだ。

Archives

Categories :