βグルカンと薬事法

日本で健康食品の違法販売を取り締まる法律は、薬事法だ。 その他には、健康増進法や景品表示法などの法律も該当するが、最も違反が多く、悪質化する傾向があるのが薬事法違反なのだ。

薬事法の主旨は、薬は薬として販売し、薬でないものは薬ではないとして販売させるというもの。 違反の多くは、薬ではない商品を薬として、もしくは薬のような効果効能があるかのように宣伝して販売している。

売るために、利益を得るために、法律違反=犯罪を犯してでも、売ろうとする商品が良い商品であるはずがない。 違法販売の商品=低品質の高額品と考えるのが妥当だ。現に奇跡のキノコ、不思議なきのこの販売価格は異様に高い。

インターネットだけでなく、雑誌広告などでも、悪質な薬事法違反で販売されるキノコ健康食品が後を絶たないが、最近では悪名高いマルチ商法で販売される黒酵母βグルカンなども一部では社会問題化しつつあるので注意が必要だ。「水溶性ベータグルカン」などという非科学的な宣伝文句には目を覆う劣悪さが漂う。

しかし、薬事法違反の検挙は、お役所のご都合主義で行われる傾向が強い。

余程に悪質か、目に付いた悪質な業者だけを対象に、 見せしめ的に定期的に検挙し、大々的に報道される。多くのキノコ販売業者や、黒酵母ベータグルカン販売者は、安泰の様相だ。

効果は少なく、無駄に高額なキノコを買うのは、我々消費者が自分で学ぶしかないのだ。 安易に「治る」だとか、「効果・効能・作用」だとかの宣伝と「口コミ」「体験談」を疑うことから始めるのが基本だと言える。

Archives

Categories :