βグルカンと誇大広告

βグルカン(ベータグルカン)の健康食品を選ぶ際に最も注意しなければならないのは、大げさな効果、嘘の体験談などの羅列を注意深く読み解くことだ。

嘘の広告、誇大広告はよく読めば見破ることができる。

○○が治った だの △△△が良くなった、◎◎◎も回復した だのと、大げさな文言が並ぶのは、目に刺激的で期待を抱くものだが、殆どの場合には、そのような宣伝で販売される商品には商品レベルが低く、金額だけは確実に嵩む傾向が顕著だ。

薬のように具体的な効果効能があるような表現を用いた宣伝は典型的な薬事法違反なのである。法律違反を犯してまでも売りたい商品とは、多くの場合にはそれだけ大きな利益が上がることを意味する。 犯罪行為で逮捕されるリスクとバランスするだけの利益を上げるには、非常に質の低い商品を仕入れ、不合理に高く売ることに尽きる。

大げさな宣伝、ウソの宣伝を大々的に展開する悪質な販売店は、二束三文の低級な商品を売って大きな利益を得るための確信犯なのである。

βグルカンを含む健康食品には、ウソ、大げさ、紛らわしい広告が最も多く溢れている。体験談の多いハナビラタケを筆頭に、高額品には注意を要するのだ。

Archives

Categories :