βグルカンの作用効果の証明

高純度のβグルカン(ベータグルカン)の信頼性の何よりの証明は、パン酵母βグルカンの70年に渡る歴史と実績だろう。 パン酵母からの抽出物が「ザイモサン」と名付けられて、活用され始めたのが1940年代であり、登場の当初から新しい抗がん物質として非常に注目を集めた。

しかし、1960年代までは、酵母の外側を覆うたんぱく質の除去が不十分であったために一部の体質の患者に対しては「酵母アレルギー」に注意を払う必要性が課題として残っていたのだった。

その後に、「酵母アレルギー」の原因が酵母に含まれるたんぱく質マンノプロテインが原因であることが特定され、精製技術の進化によってたんぱく質がほぼ取り除かれた製品の普及によって問題は解決し、誰もがβグルカンをがんや高血圧、糖尿病に利用できる製品が販売され始めた。

1980年代に入るとさらに不純物としてのたんぱく質、脂質をほぼ完全に取り除く精製技術が確立し、高純度パン酵母βグルカンは、世界中に広まる普及期を迎えつつあった。 日本でパン酵母βグルカンが紹介され始めたのはこの時期だが、内外価格差が非常に大きく、高価だったために、悪名高いキノコ系健康食品よりもさらに高価であり、超高級サプリメントとして一部の富裕層だけの利用に留まった。

高純度βグルカンの精製技術が確立された1990年代に入ると製造メーカーの乱立し、特許技術に関する訴訟合戦が展開されるに至る。 同時に多くのメーカーで製造されることで、 低純度品・低価格品がパン酵母βグルカンの普及を促進すると同時に、高純度品の価格低下が起こり、US100ドル以下でも最高級パン酵母βグルカンを購入できるようになってきたのだった。

日本における高純度のパン酵母βグルカンは普及は、1990年後半に入ってから本格化した。 ノルウェジアン・ベータグルカン、ノルウェーβグルカンとして、低純度品が米国での価格に近い1万円前後で発売されたのだ始まり。 これは非常に画期的な取り組みで、当時としては非常に良心的な健康食品販売で、自由診療の医療機関での利用も多かったことが特徴的だった。ノルウェジアン・ベータグルカンの製造会社は、今では米国企業に買収されているが、初期に普及したノルウェーβグルカンの愛称だけは今だに根強く残っている。

2000年以降には、日本国内でも1万円未満で高純度品のパン酵母βグルカンを購入することも可能になったことで、益々高純度のβグルカンの普及は進んでいる。

わずか10年前までは、海外から個人輸入で調達するか、国内代理店から6万円前後の非常識な金額でしか購入できなかった。それが今や高純度品のβグルカンが国内で手軽に入手できるようになった。現代は、パン酵母のβグルカンに関る長い歴史の変遷の後の幸運な時代だと言えるだろう。

Archives

Categories :